12月20日
小牧市民病院 緩和ケア病棟 デイルーム壁面 展示替え

2016年の活動報告

小牧市民病院緩和ケア病棟デイルーム壁面にて銅版画作品の展示替えを行った。

昨年に引き続き森田朋さん(美術作家)の作品である。

 

男女が対となりテーブルに腰掛けながら食事をしている連作が2点、その間に綺麗な青色で刷られた植物の作品1点展示した。

 

デイルームにそなえつけのテーブルや壁の色調と森田さんの版画作品がほどよく響き合っている。

また、デイルームは家の居間をイメージした心地よい空間なので、利用者さんはもとよりご家族や職員さんも暖かい空間を楽しんでいる。

 

暖かな赤色と柔らかな青色が丸く可愛らしいタッチで刷られいるこの作品は、デイルームに溶け込みつつも、気が付いたら時間を忘れて見入ってしまう空間へ変化させた。