5月15日
作品「しきいろさんぽ道」搬入

2009年の活動報告

小児科病棟廊下に浅井紀代美(視覚伝達デザイン・4年)制作による「しきいろさんぽ道」を搬入。この作品は病棟の廊下全体を彩るモビール作品で、四季をテーマにした色合わせによるパーツを旧暦の節分ごとに入れ替えていく。

今回は、初夏をイメージした「橘」という色合わせの作品を設置。だんだんと日差しが強くなる今の季節にぴったりなさわやかな色使いで、廊下が涼しげ な空間へと変わった。 100点を超えるモビールをひとつひとつ取り付ける作業の間、「これは何?」と病院利用者より質問があがり、作家自身が笑顔で答え る場面も見られた。次回の搬入は8月頃を予定している。